パルファン サトリの香り紀行

調香師が写真でつづる photo essay

・今日のおやつ 楽しいスイーツ☆

雪の日の葛湯 kuzuyu

朝からの雨が急に雪に変わって、曇りガラスの向こうの、雪の影が大きくなって横切っていくのが見える。 窓を開ければ、みるみる外がまっ白になっていく。ベランダも屋根も、道も。 こんな日はなんだか眠くて仕方がない。あったかい部屋の中で、今日はおこも…

カカオ サンパカ「CACAO SAMPAKA」チョコレートコレクション

カカオ・サンパカ(CACAO SAMPAKA)はバルセロナのチョコレート チョコレートは今、スペインが熱いらしい。 もともと、カカオにミルクをいれなめらかな口どけにすることを考案したのはスイスであったが、いまはフランスとスイスのチョコレートがおいしいと…

チョコレート コレクション 2013 L.A. Burdick Chocolate

まったくもって覚悟していたことではあるが、正月というのは食べる誘惑が多い。 ニューヨークからのお土産で、LAバーディックのチョコレート。

ラブリーなチョコレート缶 caffarel cioccolate

この缶かわいい! どことなく舶来の香りのするおみやげ・・・。と思ったら、北の神戸にあるお菓子屋さん、カファレルのチョコレートだって。イタリアと日本のコラボでできたそう。

栗きんとん 六人衆

いつもおしゃれなものに敏感なYさんからの手土産、六人衆の栗きんとん。 ちいさな練りきりのお菓子の詰め合わせも戴いたのだが、写真を撮るまもなくそれはすぐになくなってしまった・・・。 そこでこちらの栗きんとんをひらいたところ、またとっても可愛ら…

ダルマイヤー  dallmayr Fruchtgelles

ドイツ、ミュンヘンの「ダルマイヤー」のフルーツゼリー。 もともとは老舗のデリカテッセンで、コーヒーやハムが有名なお店らしい。フランスのフォションのドイツ版みたいなところかな? ==== パッケージは素朴だけど、2センチ角の大きさと、色のグラデーシ…

洋ナシのタルト LA VIEILLE FRANCE 1834

洋ナシのタルトが好き。 気が付けば、このところまた、食べ物と花の記事ばっかり書いているが・・・。

マカロン大好き ♡ La Precieuse

ふっくら、ハートの形が可愛いマカロン。いとおしい~♡ 「どれひとついただくとするか」ふんわりした外側と、中の柔らかいクリームがとってもおいしい。

お濃茶ショコラ OKOKICHA FONDANT CHOCOLAIT

「マールブランシュ 京都北山」のお濃茶フォンダンショコラ。京都からのお客様に頂いたお土産である。 ひとくちいただいた瞬間に、抹茶の香りが広がって、ほのかな苦みが、お茶の甘みとうまみをいっそう際立たせている。

クリスピークリームドーナツ ハロウィン Krispy Kreme Doughnuts

クリスピークリームドーナッツのハロウィン限定ドーナッツもらったよ! かぼちゃのランタンの顔や、紫イモのトッピングや、とっても楽しい。箱もオレンジと黒で描かれたハロウィンの絵柄でかわいい。 「どれにしようかな☆」 っと迷ったけど、プレーンのがや…

善光寺落雁 らくがん  rakugan

落雁(らくがん)は一見地味だが、味わいの深い菓子である。 きれいな花や動植物をかたどったものなどいろいろあるけれど、長野の善光寺落雁(ぜんこうじらくがん)は薄くて細長い、あっさりとした形である。 そのため、この落雁を噛んだときのパキっとした…

ワサンボン(和三盆)ロール Wasanbon

スヴェニールママンの和三盆ロールと言う。M子さんが手土産に持ってきてくれた。「これ、とってもおいしいんです~」話題のスイーツ情報は、もっぱらコンパウンダーのM子さんから入ってくる。

小さなどら焼き もちどら 銀座あけぼの  dorayaki pancake

どらやきが好きだ。それも、小さいのがいい。 なぜかっていうと、あんこに対して皮の部分の割合が多くなるから。あんこばっかりあまっちゃうのは感心しない。 この小さなもちどらは、皮しっとりめで、中にうすく牛皮(ぎゅうひ)が入っている。もちっとして…

団扇(うちわ) /秋扇(しゅうせん) Uchiwa (Japanese fans)

まだまだ暑いのに、8月7日の立秋を過ぎたら、急に日差しが秋めいて感じられる。 これは可愛いうちわのお菓子。中に牛皮(ぎゅうひ)が挟んであって、外は軽い薄焼のもなかのような生地。 しっとりぱりっとおいしい。銀座あけぼのの和菓子。

フルーツサンド 銀座千疋屋/GINZA SEMBIKIYA

銀座千疋屋(せんびきや)でフルーツサンドを買う。 この小さな箱にぎっしり感がいい。ターコイスブルーの箱のデザインも、昭和のレトロな雰囲気で、そこがまたよいのである。

ザッハトルテ/ウィーン Hotel Sacher Wien

「私はここのザッハトルテだけが好きなのよ~」パルファンサトリに長く居る、ヌシのようなマダムSは、しばしばウィーンに行く。ザッハトルテといえば有名なチョコレートのケーキである。手土産でひとつ持ってきてくれた。

むぎとろのおやつ 空飛ぶ鯛ちゃん tai-senbei

むぎとろでは、これは「空飛ぶ鯛ちゃん」という名前らしいが、私は小さい頃「鯛せんべい」と呼んでいた。 大好きだったこのおせんべい。縦じまの入ったゆるキャラ的な形と、特徴的なだいだい色がとてもとても懐かしい。

マスカットの和菓子 陸乃宝珠(りくのほうじゅ)/muscat

薄い牛皮(ぎゅうひ)の中に包まれた翡翠色のマスカット。 初め、普通の和菓子かなと思って口の中にぽいっと入れて噛むと、中からプシュッとみずみずしいマスカットの果汁があふれる。 うれしい驚きだ。

かりんとう  karintou (fried dough cake)

かりんとうは好きなお菓子だが、少し古くさく流行らないように思っていた。 でも最近ではこういう伝統的なお菓子も見直されて、逆におしゃれな感じがする。 特に、近ごろのパッケージの洗練されていることと言ったら。おかきや飴など、昔ながらの駄菓子のデ…

クッキー ボーイ  cookie boy

手作りのクッキーボーイ、いただきました。 おうちで焼いた彼女オリジナルのクッキー。

金平糖 あじさい confetti

寒色系の金平糖(こんぺいとう)をあじさいの葉に乗せてみた。 なんとなく気分がさっぱりしない雨の一日。6月のお薄茶の干菓子としていかがかと。実はこれは母のアイデアで、いつもちょっとした遊びを取り入れている。

ジョエル・ロブション 苺のエクレア Joel Robuchon

うわー、おいちそー!!! ラ ブティック ドゥ ジョエル・ロブションの苺のケーキ。これ、エクレアだよね?かわいすぎて、別のお菓子じゃないかなって思っちゃう。

さくらのジェラード

さくらのジェラード。 ピンク色のジェラードをひとさじ口に入れれば、ふんわりほどけるさくらの香り。 ホテルオークラ カメリア ▶パルファンサトリ 香水 "Nuage Rose(ニュアージュローズ・ばら色の雲)" 南仏コートダジュールの夕暮れどき、空のキャンバス…

マカロン・ラスク

SADAHARU AOKIのマカロン・ラスクというのかな?お土産でいただいた。 いつものように半分くらい食べたところで、写真をとることを思い出した。シャメだから色がきれいではないが・・・。

レーズンウィッチ 小川軒

レーズンとクリーム、バターの味のするクッキー。美味しいものはどうしてこう高カロリーなのだろう。

空也 生菓子(くうや)

空也(くうや)といえば「空也もなか」が有名だが、これは練りきりの生菓子。ふっくらとしたひょうたん型の、黄身餡でできている。 その日、「今日はくうやの生菓子をもらったから、今日中に食べないと固くなるから」と母からわざわざ電話があった。

チョコレート・コレクション

そんなわけでこのところずっと、チョコレートの写真を載せていたのだが、 バレンタインの今日はみんなでチョコレート・パーティー・・・ではないが、集まったチョコの写真をまた載せてみた!(私が戴いたわけじゃないんだけど・・・) 上はデカダンス ドュ …

コアントローの薫るチョコムース2種類のオレンジの装い

コアントローの薫るチョコムース2種類のオレンジの装い ホテルオークラ トッピングはカリカリのドライオレンジチョコレートのムースの上にはフレッシュな2種類のオレンジが載っている。

塩 水羊羹 松葉の楊枝

塩羊羹か、塩水羊羹と言っていた。 食べ物はよくいただくが、すべてを撮っているわけではなく、ほとんどが食べてしまってから「あ、写真をとっておいたらよかった」と思うことが多い。

恋の痛みに「チョコ・エイド」CHOCO AID

まだバレンタイン・デーはこれからなのに、こんなチョコレートは男性にとっては縁起でもない? 恋の痛みに「チョコ・エイド」CHOCO AIDお目当ての人にもらえなかった、男友達の傷を癒してくれそう。

Copyright © PARFUM SATORI All Rights Reserved.