パルファン サトリの香り紀行

調香師が写真でつづる photo essay

パリ

Enjoy Paris-3 続メトロに乗って/かぼちゃの馬車はTAXIで

セーヌ左岸、サンジェルマン通り。街の建物の間から対岸のノートルダム寺院(横)が見える。 昨日からの続きであるが、この日は右岸でのアポイントを終えて左岸へと移動。la Motto picquet(モトピケ)乗り換えでOdeon(オデオン)の二つ先で降りる。 とゆるく続…

Enjoy Paris 2 メトロに乗って

パリ二日目、メトロに乗って、パリの中を移動。 パリは小さい街なので、歩きと地下鉄を使うのがとても便利。一枚のチケットで乗り換えもでき、どこまでも同じ料金なのだ。 なんといってもタクシーはなかなかつかまらないし、タクシー乗り場もあるのだが場所…

Enjoy Paris 1 パリのシンデレラ Cinderella

あーあ、まだ南仏のできごとを半分も書いていないのにパリに来てしまった。 とりあえずフレンチリビエラについてはまたあとで書くことにして、新鮮なパリを書いておかねば。 ここはパリ2区のアパルトマン。いつもは7区のプチホテルに泊まるのだけれど、今回…

狐の手袋/フォックスグローブ/ ジギタリス

心臓の薬ジギタリスは、その形から「フォックスブローブ(キツネノテブクロ)」と呼ばれる。

紫のテッセン クレマチス

石の壁に映える青紫のテッセン。

晩秋の異国

晩秋の趣き。今日のような、寒く、暗い雨の降る日は何をするにも物憂くなってしまう。

アガサ・クリスティ リスタデール卿の謎

クリスティの中で、「杉の棺」。これはいいなあ。私の愛する作品なので、なかなか短時間では書けなくて、次の機会にしたいと思う。クリスティ作品では、「リスタデール卿の謎」という短編集もお気に入り。特に、表題の小説は、子育てをほぼ終えた女性のシン…

ミサンガの花 パリ・ブシコー公園

名前の知らない花は、いくらでもある。これは、「恋人たちのミサンガの花」と勝手に名づけてしまった。 甘く、いい匂いがする。常緑樹だろう。葉の形は月桂樹とか、シキミとか似てるし、花の色や姿はちょっとづついろんな植物に似ているような気がするけど…

桐の花 ポローニャ Paulownia

桐の花は高い所に咲く。だから、花の匂いを知らない人が多い。 ここ、パリのルクサンブルグ公園は桐の林があり、紫の雲の様である。日本では、こんなにいっぱいの桐の花を見たことがない。 紫の、思いのほか華やかな花だ。空が青く光が強いから、よけいに発…

フランス王妃の彫像 Reines de France

ブランシュ・ド・カスティーユは有名なフランス王妃。ルクサンブール公園にて。 Blanche de Castille 1188-1252フランス王ルイ8世の王妃で、12歳で即位した息子ルイ9世の摂政として、長期間の影響力を持った。 パリ、ルクサンブルグ公園の中庭。ぐ…

愛の言葉

フランス パリ ロダン美術館 オーギュストロダン 接吻

ロダン美術館

正面が美術館で、横の道をずっと歩き、池の反対側まで出る。

野生のシクラメン Cyclamen

ほら!昨日シクラメンについて書いているうちに思い出した!

菊尽くし 花と日本舞踊

私の日本舞踊の初舞台は、3歳のときの「てるてるぼうず」で、

飛行機雲

足早に歩く夕方、

パリ クリスマスイルミネーション

パリでは今日、早くもクリスマスイルミネーションが点灯されたそうだ。

冬の到来

今朝から急に気温が下がり、冬の到来を感じる。 寒いのは辛いし、風は冷たくて痛い。だから、冬が近づいて来ると少し憂鬱な気持ちになる。そんなときこそ、寒い頃に出会った楽しい思い出を記憶から取り出してみる。 例えば。

秋の夜は長く深く

思索の秋とはよく言ったもので、日が短くなり早々に暗くなってくると、なんとなくもの思わしげで、自分の内側に目をやりたくなる。

画材店 セヌリエ 37

セヌリエはルーブル美術館の対岸、パリ左岸にある画材店だ。1887年に設立してから140年ずっとここでお店を開いている。 http://www.sennelier.fr/index.php

パリの風景  ガンズブール 30

パリの真ん中に、こんな落書きの壁があるとは!ちょっとショックだった。が、ここは有名な「Gainsboure」の昔住んでいた家(たぶん歌手のSerge Gainsboure)だそうで、世界中のファンが来てメッセージを書くんだそうだ。

パリのお店 29

10月のパリ。 かわいさ、オシャレ度ではだんぜんサンジェルマン デプレが好き。というか、もう右岸、とくにシャンゼリゼ界隈には用があるとき以外寄りつかない。探究心が湧かないのだ。

パリ発・ニッチフレグランス・ショー

10月2日~5日、パリでニッチフレグランスのエクスポジションがありました。

パリでおソバ フランス便り 26

食べ物のことばかりでなんなのだが、パリでお蕎麦屋さんに行った。

パリ、あい田にて フランス便り 24

夜、食事に行く途中、ソニアリキエルのソワレに遭遇。人だかりがすごい。

カンヌからパリへ フランス便り‐23

「ルノー、プジョー、シトロエン。ここの駐車場も最後ですねえ」「タフなフランス車に混ざってお前もよくやったよ」「乗りごこちのよさじゃ負けてられませんです、はい。」「ここじゃこの車も外車だからね」

ウィンドウショッピング パリ パレロワイヤル Paris

これって可愛くない?↑

花のサンクチュアリ 2 パリ・バノー

その公園は幾何学的な花壇の集合ではなく、田舎家の庭でくつろぐような、心休まるような野の風情がある。

花のサンクチュアリ パリ バノー 1

花の都パリとはよくいったものだ。(ほんとの意味は違うかもしれないけれど)

マルセイユまで‐1

「TGV(フランス鉄道)の中で、僕たちは親しくなった。 彼女は画学生だった。互いに名を告げることなく、会話が弾み、やがて彼女は降りていった。去り際に僕の手首に香水をひと吹きし、ジタン(Gitanes)煙草を5本渡して。車中から流れゆく景色を眺めながら、…

パリ11区 11e Arr

11区にあるという情報だけを頼りに、探しものをした。2002年のことである。

Copyright © PARFUM SATORI All Rights Reserved.