パルファン サトリの香り紀行

調香師が写真でつづる photo essay

セミ

空蟬(うつせみ) ecdysis of a cicada

7月上旬、通勤途中の道路に脱皮したばかりの蝉(セミ)を発見する。歩道と車道を隔てるように並んだ、コンクリートの円柱の途中にしがみついていた。まだ羽の脈が淡い緑色をしていて、ゆうべ生まれたばかりのようだ。目が黒々としてあどけなく見えるのは、か…

蝉(セミ)が背中に貼りついて・・・

その日もいつものように新宿御苑へ行った。帰り道、歩いていると、すぐ頭の上から、「ジジッ」と蝉の声がする。「ああ、この上の木の枝近くにいるんだなあ・・・。」

Copyright © PARFUM SATORI All Rights Reserved.